ビデオ通話アプリでは2ショット機能を使うと二人っきりで会話ができます。

MENU

ビデオ通話アプリの料金システム

 

既存の出会い系とは性質や特徴が異なるビデオ通話アプリですが、料金システムは同じ方式です。

 

出会い系はメールやチャットなどに一定の有料ポイントを消費することになります。
ビデオ通話アプリも同様で、1分間ごとに有料ポイントを消費して通話を行います。

 

基本的な料金システム

 

お金のマークをしめす男性

アプリによって変わって来ますが、基本的な料金システムの例を挙げたいと思います。
オーソドックスなビデオ通話アプリの料金システムですが、原則として1分間ごとにポイントが消費されます。

 

この時、女性1人に対して複数の男性が視聴するケースでは、消費ポイントが100から150ぐらいが相場です。
他の男性と同じ土俵でアプローチを行うことになるので、当然ですが目立ちにくくなります。

 

こうなってしまうと女性をゆっくり口説けませんし、出会いに繋がる確率は極めて低くなるでしょう。

 

2ショット

そんな時に使いたいのが2ショットと呼ばれる、女性と二人っきりで通話できるシステムです。

 

これは女性をビデオ通話に誘って、他の男性が参加しない秘密の会話が行えるものです。

 

1分間の消費ポイントは100から200と少し割高になりますが、女性と1対1で通話できるメリットがあります。

 

2ショットの時間でいかに女性を口説けるか、これこそがビデオ通話アプリの醍醐味です。

 

ダラダラと会話を続けて癒されるのも良いですし、積極的に口説いてデートの約束をするのも良いでしょう。
戦略は人それぞれですが、いかに目の前の女性を口説くかが大事です。

 

タイムライン機能やチャット機能

 

ちなみに、タイムライン投稿チャット機能があるアプリもあります。

 

一般的な出会い系アプリと同様にポイントを消費して利用することが出来ます。
プレゼントを行えたり、プロフィール画像を見るのに使えたりと、ポイントの用途は様々です。

 

どこにポイントを使うかは自由ですが、ビデオ通話アプリなので通話部分に使用するのが正しいでしょう。

 

せっかくのビデオ通話アプリで通話をしないようでは、非常にもったいないのです。

 

料金システムはシンプルになっているので分からないことは無いでしょう。