ライブチャットは出会えない!?出会い系ビデオ通話アプリとの違いを解説

MENU

出会い系ビデオ通話アプリとライブチャットの違い

サービスの違いがわからない女性

出会い系ビデオ通話アプリとライブチャットの違いは、ビデオ通話をしたやり取りをした後に実際に会えるかどうかです。

 

出会い系ビデオ通話アプリは、実際に会う前のデモンストレーションやお互いに安心を得る目的で活用します。
ライブチャットはビデオ通話を通じた交流のみを目的にしていて、基本的に相手と会う行為が禁止です。

 

サービスの見極め方

正規の出会い系ビデオ通話アプリは、インターネット異性紹介事業届出を提出し、受理番号の明記を義務づけられています。
ライブチャットはインターネット異性紹介事業届出が不要で、無駄に取得するケースもありません。
インターネット異性紹介事業届出の有無をチェックするのが、もっとも確実な方法です。

 

ただし、ビデオ通話機能のあるスマホアプリの一部は、インターネット異性紹介事業届出なしで出会い系を運営しているケースがあります。
あくまでも名目はビデオ通話を楽しむ目的だけを案内していますが、実際にはユーザー同士が会うためのやり取りを行い、運営も規約違反を黙認していることが多いです。
届出をしていない非正規の出会い系ビデオ通話アプリを見極めるには、口コミ・レビューを参考にするしかありません。

 

非正規で盛り上がっている所もありますが、インターネット異性紹介事業届出を出している所を選んだ方が無難です。
非正規アプリで会うやり取りが活発な所は、サクラを使っているケースが多いので注意しましょう。

 

ライブチャットの特徴

アプリやサイトを通じて知り合った男女がビデオ通話を楽しむ点は、出会い系ビデオ通話アプリと同じです。
ただし、ライブチャットには以下の機能と特徴があり、出会い系ビデオ通話アプリとは全くの別物になっています。

 

  • アダルト系とノンアダルト系の2種類がある
  • 待機しているチャットレディへ申込すれば、すぐにライブチャットが始まる
  • 複数人の男性が同時に参加できるパーティーチャットがある
  • チャットレディは仕事でビデオ通話をしている(必ず売上に応じた報酬がある)
  • 基本的に女の子の地域検索ができない
  • 男性側が映像を送らないことも可能

 

ライブチャットならではの特徴は、アダルト系のカテゴリーがあることです。
主にチャットレディが服を脱ぐなどのパフォーマンスが行われていて、ストリップとは違って男性側が指示をできることで人気を集めています。

 

このほか、チャットレディは完全に商売として活動しているので、まずはアプローチしてマッチングする手順がなく男性の希望条件に応じた幅広い活用法があります。

 

料金はリーズナブル?

チャットレディに課金

出会い系ビデオ通話アプリの料金は1分あたり100~200円が相場で、大半のアプリは200円前後に設定しています。
ライブチャットは安い所では100円を切る所があり、ノンアダルト系とアダルト系のパーティーチャットは1分100円前後が相場です。

 

ライブチャットは過激なパフォーマンスや、キャバクラ・スナックのような女性側が気配りをする接客を受けられますが、1回あたりの平均利用時間が長いため低めの単価に設定されています。
出会い系ビデオ通話アプリの場合は、実際に会う前にお互いのことを見定めるお試しデートのような目的で使われてます。
プロフィール写真がサクラや悪質な加工でないことを確認すればOKと思って利用する方もいることから、1~5分程度のビデオ通話で済ませるケースが多いです。

 

⇒ビデオ通話アプリでモテる秘訣とは

 

つまり、出会い系ビデオ通話アプリは、ビデオ通話機能を導入するコストに対して1回の利用時間が短いため、ライブチャットよりも割高な料金設定にしています。

 

なお、出会い系ビデオ通話アプリで長時間話をしてこようとする人は、サクラかキャッシュバッカーなので注意してください。